消費者金融アロー

スポンサードリンク

キャッシング業界のコラム

貸金業法がまた変わるかも?

 

貸金業法の規制緩和が検討中です。

 

貸金業法がまたまた変わるかもしれません!?

 

金融業界通の方なら知っているかもしれませんね。

 

検討中の内容のポイント

 

一定条件を満たす貸金業者を「認可貸金業者」にする

 

「認可貸金業者」に限って上限金利を29.2%にしてよい

 

「認可貸金業者」に限って総量規制の適用外となる

 

認可貸金業者なるための条件

 

1、貸金業務取扱主任者が一定割合以上いること

 

2、会社の研修体制がしっかりしていること

 

3、過去3年以内に業務停止命令を受けていないこと

 

4、過去5年以内に認可を取り消されていないこと

 

5、会社の純資産額が一定以上あること

 

6、返済能力調査やカウンセリング体制などが整っていること

 

これらはまだ検討している段階です。

 

実現化には時間がかかります。

 

2010年に完全施行されたばかりの改正貸金業法です。

 

なぜ再改正案が?

 

景気の活性化を狙ってのことです。

 

中小企業や零細企業、個人事業主の深刻な

 

資金難を救済するためです。

 

規制緩和を歓迎期待する声は国内だけでなく

 

海外でも上がっているようです。

 

これによって消費者金融業者の株が上昇しています。

 

しかし、多重債務者が続出するという危険性>もあって

 

反対意見もあるようです。

 

もっと抜本的な対策が必要なのかもしれません

 



 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク


 
ホーム アローの魅力 アローの特徴 アローの評判 アローの口コミ 公式サイト